生活圏内

台所の調査

イタチと人との関わり

昨今都市部において、野生動物が異常繁殖するなどして問題となっています。それらの中には人間の住宅に侵入して、営巣するような動物もいて、害獣として駆除や捕獲の対象となっています。そうした動物の中にイタチがいます。イタチは日本全国どこにでもいる野生動物であって、歴史的にみてもタヌキやキツネなどと同様に昔話にも登場するような身近な動物であり、イタチにまつわる言葉なども多く存在しています。また毛皮をとる事もでき、衣類などに用いてきました。さらにイタチの毛は高級な毛筆として現在も利用されています。一方でイタチは肉食動物であって、小型の家畜である鶏やウサギを捕食することもあって、経済的な被害をもたらす害獣でもありました。現在のように住宅に侵入するなどして被害をもたらすようになったのは、山間部などが開かれて都市化することによって人間との接触が増えたために、結果として摩擦も増えた事によるものです。

捕獲依頼の今後について

かつてイタチといえば主に山間部などに生息していた野生動物であって、人間との接触は限られた場合でしかありませんでした。しかし近年になって山間部が開発などによって開かれて宅地開発などが進んだ結果、人間との接触が増えました。さらに宅地においては天敵である大型の哺乳類や鳥類は存在しないため、むしろイタチなど小型の野生動物にとっては人間の生活圏内は安全であるために、人間の生活圏に順応するなどして数を増やしています。そうした中でイタチはその高い運動能力と、細長い胴体によって高いところにある小さな隙間であっても侵入できるので、住宅の屋根裏などに巣を作るなどして問題となっています。イタチは鳥獣保護法にて保護されているので、捕獲には特別な許可が必要です。そのため、こうした問題が発生した場合は駆除捕獲を専門とする駆除業者に依頼して捕獲してもらわなければなりません。人間の生活圏に順応したイタチは今後も増えていくと予測されます。そうした中で、人間との接触も当然増えていくと予測されます。